#001 しもつかれ

栃木を代表する郷土料理。塩鮭の頭に、粗くすり下ろした大根、にんじん、炒り大豆、酒粕を加え、煮込んで作ります。初午の行事食で、家内安全や無病息災を願いながら食べました。ご飯のお供に、お酒にもよく合います。スーパーや惣菜店で購入できます。

Shimotsukare is a traditional dish in Tochigi. This is generally prepared by simmering the head of a salted salmon together with grated radish, carrot, roasted soybeans, and sake lees.

かねふくストア 熊倉さなえさん
しもつかれを目当てに全国各地から栃木出身ファンも訪ねてくれます。毎日朝晩2回たっぷり炊きますよ。

#002 藤岡の冷汁

藤岡地域の夏の定番ランチメニュー。忙しい農作業の合間や食欲がない時でも手軽に食べられる栄養食として広まりました。すりゴマをベースに味噌や砂糖で味付けし、出汁や水でのばします。薬味はネギや大葉、キュウリ、みょうがなど。冷麦やそうめんをつけて食べます。

Hiyajiru is an ice-cold soup made with a base of ground sesame seeds, miso, sugar, and cold dashi stock or water. This is a simple, healthy lunch for farm workers in Fujioka area.

藤岡地域のお母さんグループ
ヨシキリおばさん

暑さを乗り切る食の知恵。 ゴマの代わりにくるみを使う家もありますよ。

#003 川魚料理

渡良瀬川、巴波川、思川が合流し、多くの沼が散在する藤岡地域は「川魚の宝庫」。鯉や鮒、ナマズ、ドジョウなどは身近な食材でした。川魚を扱う料理店は減っていますが、ドジョウの唐揚げやナマズの天ぷら、鮒の甘露煮など、まだまだ楽しめる店もあります。海の魚とは一味違った旨味です。

There are many rivers in Tochigi City so river fish dishes (catfish, eel, carp, loach, and so on) are very popular. Catfish tempura is a classic Tochigi dish.

サンプラザ 菅井豊明和食料理長
この道40年。川魚を知る最後の世代として、しっかり受け継いでいきたいです。

#004 モロ料理

モロとはモウカザメの身のこと。冷蔵技術が発達していな かった時代に「貴重な海の魚」 として流通しました。市民にとっては馴染みの魚で、スーパーや鮮魚店で買うことができます。白身でクセのない味で、家庭ではフライや煮つけが一般的です。

Eating shark meat is not common in Japan, but in Tochigi City, Moro shark dishes are very popular. It tastes light and delicate, not heavy nor oily.

市内のモロ研究家 大曽根秀子さん
栃木県では珍しい「サメ食文化」がなぜ根付いているのかとても興味深いです。