とちぎ江戸料理とは

江戸の風情を残す街
【小江戸とちぎ】

栃木県栃木市は、江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また、巴波川の舟運により江戸との交易地として発展しました。今も市内には往時を偲ばせる街並みが残っており、〈小江戸とちぎ〉と親しまれています。
2015年からは、味覚でも小江戸を楽しんでもらおうと、専門家を招いて江戸期の料理を研究し、郷土料理や伝統食材を見直すことで、栃木市ならではの江戸料理「とちぎ江戸料理」を創り上げました。
古きを訪ねて新しきを知る、話題の新名物です。

料理紹介

とちぎ江戸料理 三か条

江戸料理は、天下泰平の江戸期に花咲いた食文化。
蕎麦や寿司は言うに及ばず、和食の原型となる
沢山の料理が生まれました。
冷凍技術が発達しておらず、地の旬の食材をシンプルに
調理したものが多いため、とてもヘルシー。
素材の味を生かす様々な工夫は、現代の味覚にも新鮮な
驚きを与えてくれるでしょう。

  • しもつかれ

    栃木市を代表する郷土料理。塩引鮭の頭に鬼おろしで粗くすり下ろした大根や人参、炒った大豆、油揚げ、酒粕などを加えて煮込んで作る。ご飯のお供に、日本酒にもよく合う。最近は健康食としても注目されている。

    このメニューに関連するお店
    かねふくストア
    寿司・そば ちづか
  • 霰豆腐(あられどうふ)

    天明2年刊行、江戸時代の大ベストセラーになった「豆腐百珍」の尋常品(日常のお惣菜)より再現。カリッと外は香ばしく、豆腐の甘みもしっかり味わえる。ビールや日本酒にもよく合う、小粋なおつまみ。

    このメニューに関連するお店
    利久
  • ごぼう餅

    江戸時代、都賀郡栃木町がごぼうの産地だったことにちなみ、江戸初期に刊行された「料理物語」から選んで再現したベジスイーツ。甘さ控えめで、ごぼうの旨味がダイレクトに味わえる。甘党にも辛党にも好評。

    このメニューに関連するお店
    小江戸そば 好古壱番館
    山本総本店
  • (なます)

    江戸期の行事食には欠かせなかった「膾(なます)」。栃木市には日常の惣菜として根付いており、紅白なますや、「鬼平犯科帳」に登場する芋なます、里芋の葉柄である芋茎(ずいき)なますなど、様々な種類が味わえる。

    このメニューに関連するお店
    お食事処 かな半
    かねふくストア
  • 川魚料理、モロ料理

    渡良瀬川、巴波川、思川が合流し、多くの沼が散在している栃木市藤岡地域は、古くから川魚資源の宝庫。鯉やふな、なまず、どじょうなどの川魚料理を楽しめる。また、昔から貴重な海の魚として流通しているモロ(モウカザメの身)を使った料理も味わえる。

  • 油伝味噌の料理

    重要伝統的建造物群保存地区、嘉右衛門町にある油伝は、江戸中期に油屋として創業し、末期から味噌を造り続けている老舗。糀をふんだんに使った甘めの味噌は、まさに江戸の味。田楽や洋食、菓子など、多彩なメニューで楽しめる。

    このメニューに関連するお店
    赤城亭
    油伝味噌 田楽あぶでん
    山本総本店
  • 出流(いづる)そば

    古刹、出流満願寺の参拝客に蕎麦を振る舞ったのが始まりと言われる。冷たい蕎麦をざるに盛った「盆ざる」、大ざるに盛った「一升そば」が有名。江戸時代に極上の蕎麦として知られた「寒晒しそば」もあり、そば通たちを唸らせている。

    このメニューに関連するお店
    出流観光会
  • 煎り酒(いりざけ)料理

    醤油が普及する前まで広く用いられていた江戸時代の定番調味料「煎り酒」を使った料理。日本酒に梅干と花がつおを入れ、煮詰めて作る。さっぱりとした風味が特徴で、刺身やすいとん、テリーヌなど、様々なメニューで楽しめる。

  • ふのやき

    享保3年に刊行された、日本で最も古い菓子専門書「古今名物御前菓子秘伝抄」に掲載されている一品。小麦粉を水で溶いて鍋に入れて薄く焼き、味噌を塗って丸めて作る、まさに“江戸時代のクレープ”!? 

    このメニューに関連するお店
    お食事処 かな半
  • 鮓烹(すしに)

    江戸時代の料理本には数々のおから料理が登場するが、これもその一つ。いわしを醤油と日本酒を入れたおからを使って重ね煮したもので、いわしの美味しさに改めて気付かされる。味の染みたおからは酒の肴にも。

    このメニューに関連するお店
    魚宇
  • 太平山(おおひらさんの玉子焼き)

    古くから太平山神社の参拝客をもてなしてきた料理。出汁がきいたふわふわ系から甘めのハード系まで、店それぞれに味わいが異なる。山頂付近の見晴らし場所、太平山謙信平は、関東平野が一望できる観光スポット。

    このメニューに関連するお店
    太平山飲食店組合
  • 出流柚餅子(いづるゆべし)

    出流特産の柚子を活かした新名物。くりぬいた柚子の中に糯米粉や味噌などを混ぜて詰め、蒸して乾燥させて作る。「料理物語」や古い資料などを元に再現。テレビでも紹介され、取り寄せのオーダーが続いている。

    このメニューに関連するお店
    出流観光会